継続と改善

電話代行会社やコールセンター代行などが行っているサービスの1つがアウトバウンド業務です。インバウンド業務が受信業務であるのに対して、アウトバウンドは外部への発信業務となります。そのためテレアポやテレマーケティング、セミナー案内など多くの販促に関わる業務も委託できます。 しかしアウトバウンド業務を委託し続ける場合は、必ずその効果が得られているか定期的にチェックすることに注意が必要です。効果が出ていない場合は、自社かアウトバウンド業務そのものに問題があることになります。そのための分析として今までのアウトバウンド業務のフィードバックが重要です。 フィードバックを得て、現状の問題を分析して改善をしつつアウトバウンド業務を行うことで、より販促などの効果を高めていく事できます。

経営環境が厳しい会社はこの時代において少なくありません。そのような会社の多くが人件費を切り詰めているため、人的リソースが足りないということがよくありがちです。 特にアウトバウンド業務はコア業務の対象外となることが多く、人材の流動性が高い分野であることが多いため、人手不足に陥ることが多いことが指摘されています。しかし同時に営業電話をはじめ、マーケティングリサーチやアンケートなど顧客や見込み客との直接の繋がりがある業務のため、欠かすことができません。 そこで最近よく活用されているのが、アウトバウンドの外部委託です。電話代行やコールセンターといった業者がその仕事を代行で引き受けており、人材リソースの不足に対応してくれます。